TeXチートシート

Last Updated on 2021-08-05

チートシート(所謂カンニングペーパー)です。説明も可読性もない。

オプション 説明
10pt 文字サイズを10ptに設定します。
11pt 文字サイズを11ptに設定します。
12pt 文字サイズを12ptに設定します。
a4paper 用紙サイズをA4に設定します。
a5paper 用紙サイズをA5に設定します。
b4paper 用紙サイズをB4に設定します。
b5paper 用紙サイズをB5に設定します。
landscape 用紙を横向きにします。
twocolumn 文書を二段組に設定します。
fleqn 独立した数式を左寄せに出力します。
leqno 数式番号を左寄せに出力します。
入力 概要
\section{}
\subsection{} 小節
\subsubsection 小々節
  • 余白設定: \usepackage[top=cm, bottom=cm, left=cm, right=cm]{geometry}
  • 空白あり改行: \par
  • 空白なし改行: \\
  • 番号あり箇条書き: {enumerate}
  • 番号なし箇条書き: {itemize}
    • 中身: \item
  • 改ページ: \newpage
  • 強制的に出力して改ページ: \clearpage
  • 参考文献: {thebibliography}{}
    • 中身: \bibitem{}
  • 目次: \tableofcontents
  • ページ番号: https://coicos.net/site/how2/tex/writeapply/#pagenumber
  • URL: \usepackage{url}
    • \url{}
  • ハイパーリンク: \usepackage[dvipdfmx]{hyperref}
  • コラム: https://coicos.net/site/how2/tex/writedev/#collum
  • 脚色: \footnote[]{}
    • []は番号を指定したい場合
  • 行内数式: ${}$
  • 独立数式: {equation}
  • 位置揃え数式: {eqnarray}
    • &=&で位置揃え
    • 式番号なし: \nonumber
出力 入力 出力 入力
\(\#\) \# \(\$\) \$
\(\%\) \% \(\&\) \&
^ \textasciicircum ~ \textasciitilde
| \textbar \(\_\) \_
\(\backslash\) \textbackslash \(Y\llap=\) Y\llap=
\(\{\) \{ \(\}\) \}
< \textless > \textgreater
出力例 入力 概要 説明
\(x^{2}\) ^{} 上付き文字 一文字のみの場合は{}を省略しても良い。
\(x_{2}\) _{} 下付き文字 同上。
\(x_{\mathrm{a}}\) \mathrm{} ローマン体 物理量等のイタリック体にしたくない文字をローマン体で出力する。
\begin{equation}\frac{1}{2}\end{equation}
\frac{}{} 分数 先の{}は分子、後の{}は分母を入力する。
\begin{equation} \left(2\left(x + \frac{1}{2}\right)\right) \end{equation}
\left( 左括弧 中身に応じて大きさが変わる括弧。()以外にも、{}[]を指定することもできる。
\right) 右括弧
\(\sin x\) \sin サイン
\(\cos x\) \cos コサイン
\(\tan x\) \tan タンジェント
\(\log_{x} y\) \log ログ 底は下付き文字で実装する。
\(\sqrt{x}\) \sqrt{} 平方根 \sqrt[3]{}とすることで立方根になる。
\begin{equation}\int f_{(x)}dx\end{equation}
\int 不定積分
\begin{equation}\int_{a}^{b} f_{(x)}dx\end{equation}
\int_{}^{} 定積分 先の_{}は下限、後の^{}は上限を入力する。
\begin{equation}\sum_{i = 1}^{n}x_{i}\end{equation}
\sum_{}^{} 総和 同上。
\begin{equation}\prod_{k = 1}^{n}a_{k}\end{equation}
\prod_{}^{} 総乗 同上。
出力 入力 出力 入力 出力 入力 出力 入力
\(\pm\) \pm \(\mp\) \mp \(\times\) \times \(\div\) \div
\(\ast\) \ast \(\cdot\) \cdot \(\cdots\) \cdots \(\partial\) \partial
\(\leq\) \leq \(\geq\) \geq \(\ll\) \ll \(\gg\) \gg
\(\simeq\) \simeq \(\approx\) \approx \(\neq\) \neq \(\infty\) \infty
出力 入力 出力 入力 出力 入力 出力 入力
\(\alpha\) \alpha \(\beta\) \beta \(\delta\) \delta \(\Delta\) \Delta
\(\varepsilon\) \varepsilon \(\eta\) \eta \(\gamma\) \gamma \(\kappa\) \kappa
\(\lambda\) \lambda \(\Lambda\) \Lambda \(\mu\) \mu \(\nu\) \nu
\(\omega\) \omega \(\Omega\) \Omega \(\pi\) \pi \(\phi\) \phi
\(\Phi\) \Phi \(\varphi\) \varphi \(\psi\) \psi \(\Psi\) \Psi
\(\rho\) \rho \(\sigma\) \sigma \(\varsigma\) \varsigma \(\tau\) \tau
\(\theta\) \theta \(\upsilon\) \upsilon \(\xi\) \xi \(\zeta\) \zeta
  • 度数法: \usepackage{mathcomp}
    • 数式内で\tcdegree
入力 説明
\hspace{} 任意の長さのスペース
~ 改行なしスペース
\ (バックスラッシュとスペース) 1文字分のスペース
\, 小さい空白
  • 表: {table}[]
    • []は出力位置
    • \centering
    • \caption{}
    • {tabular}{}
      • 2つ目の{}は文字寄せ
      • \hline
  • 画像: \usepackage{bmpsize}
    • {figure}[]
      • []は出力位置
    • \includegraphics{}
指定文字 意味
h 記述した位置に忠実に出力する。
t ページの上端に出力する。
b ページの下端に出力する。
p 表専用のページを用意して出力する。
指定文字 意味
l 左寄せ
c 中央寄せ
r 右寄せ

テンプレ


\documentclass[10pt, a4paper, dvipdfmx]{jsarticle}
\usepackage[top=2cm, bottom=2cm, left=2cm, right=2cm]{geometry}
\usepackage{lastpage}
\usepackage{fancyhdr}
\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}
\usepackage{bmpsize}
\usepackage{url}
\usepackage[dvipdfmx]{hyperref}
%
\fancypagestyle{chpage}
{
\fancyhead{}
\cfoot{\thepage{}/{}\pageref{LastPage}}
\renewcommand\headrulewidth{0pt}
}
%
\title{タイトル}
\author{著者}
\date{日付}
%
\begin{document}
\pagestyle{chpage}
%
\begin{center}
{\huge タイトル}
\end{center}
\begin{flushright}
{\large 著者}\\
日付
\end{flushright}
%
\section{}
\clearpage
\begin{thebibliography}{99}
\bibitem{bib:}サイト名\\\url{}\\日付
\end{thebibliography}
\end{document}
^